にわかダウリング

炸裂する自分語り。

責任感の無い女

私のこと。お昼からどうも。

基本的に、MOJOライフは楽しい。私にうってつけ。
人と最低限レベルで関わり、休みは自分一人で趣味に耽って、会社では、与えられたことをこなす。(無職なので最後は違うけどな)そういう生活を望んでいるんだけれど、これが結構世の中から外れているようで息苦しさを感じる。

とにかく、社会の利益になる人間しか求められていない...と言いたいところだけど、利益にならない人間というのも実質必要となっている。

それは、利益になっている人間のサンドバックとして生きること!
ヤッタネ!私は頑張って生きるぞ!


話は全然変わる。ツイッターでも「子供部屋おじさん」という言葉から始まり、世の中では、「おじさん」という存在を世の片隅に追いやるような雰囲気がある。
...と言っても、社会の規範的中年男性、家庭を持っていてある程度子どもも育っているような中年男性は「おじさん」という言葉にあまり該当しない、となんとなく思っている。それは、「おじさん」という言葉が多用される元となった「子供部屋おじさん」の意が浸透していることからだと思うが。
きっと多用されるようになった理由としては、「おじさん」というワードは、若い子から見て、長年生きてきたにも関わらず、尊敬を得られない中年男性という生物...それが哀れにも見え、ちょっと可愛らしい語感だと捉えられているからなのかな、となんとなく思う。
哀れだと思って遠ざけられ、会話にも出てこない存在になるか、それとも「おじさん」と適当に面白がられ、笑われる存在になるのか。私は後者の方が絶対に嫌だ...。
生きづらくてしょうがない。

世の中で「やーいもじょ!!」と言ってばかにされることはないけど、例えば平日に一人でいろんなとこブラついていると、すごい変な目で見られる。じーちゃんばーちゃんにも、若い子にも。私の住んでいるところが、集団意識の強い田舎に住んでいることもあり、なんか辛い。(余談だけれど、コロナでそれが裏目に出ているんだろうな...。)
人一倍、自意識過剰のおブスだからね!何しても辛いのかも!
ポジティブに生きていたいけど、人とたくさん関わり人脈を広げることだったり、自分をオープンにすることのみをポジティブな人間だと固定されたら、もう終わりじゃんな。けれど、せめてインキャに見えるヨウキャでありたいね。
人生嫌なことばかりだけど、かと言って、普通のレールに乗っている人を否定したいわけではないから。ただ、自分が必死にレールに乗ってやってるからと言って、それを達成出来てない人間に対して無条件に貶す人間にはなりたくない。
こんな考えに甘えてられるから、男に生まれなくて良かった、とほっとしてしまう。最低で責任感のない女です。

無職女、Web面接に挑戦する

人生初、Web面接とやらに挑みました。

感想としては...

変にソワソワしてやばかった...。



家の中で行いましたが、色々質問されてつい、
癖が出てしまった...。
却って慣れない方法のためか、変に緊張しますし...。

逆質問してみたら反応がぶっきらぼうというか、
内心(なんじゃそりゃ、入りたくねぇ!)と思ってしまう回答が来たので、
撃沈したっぽいです。てか、軽くハラスメント抵触してそうな回答だった...。
間違いなく採用避けられていますね、これは。
ZOOMの録画機能作動させておけば...とか思っても何も出来ないけどね〜。

あとさ〜〜〜、これはどこでもそうだけどさ〜〜、
聞くことないからって合格フラグっぽいこと聞いてくるの、
ほんとやめてくれないかな...。
面接後は気分最悪でした.......。なんか腹たつ〜〜。


Web面接って結構、めんどくさいですよね。
背景はもちろんのこと、ちゃんと顔が見えるくらいの光源が足りているか、とか、
画面越しに見た時のメイクの顔色具合とか、気を遣っていました。
正直、光源だけはほんっとに不安で...通話したい場所から窓離れているし、
明るさなんか天気にも左右されるし、嫌だなあと思いながら、当日を迎えていました。

一方、お偉いさんは、まぁ会社で適当に部下にセッティングしてもらってたようで
楽で羨ましい、良いな〜〜〜!!!!(嫌味)

あーだこーだ言っても、自分の力量不足なので、反省します・・・。
不安しかないね。働いてても不安しかなかったけど。
ブラック企業という重力から逃れられないsonogiでした。

毎年恒例大河ドラマ第一話視聴の会

www.nhk.or.jp



あのな...大河ドラマの1話は毎年必ず見ているんだけどさ
今回は映像めっっっっっちゃ綺麗で良い。色味が上手いこと鮮やか。
麒麟の時もこうしたかったのかな...となんとなく。)
特にな、青と緑が見事なほど鮮やかに引き立っています。
あと、暗がりの中の行灯の橙色、ほんとすごくない???

衣装は引き続き黒澤和子さん。ありがとうございます。
麒麟の衣装はほんとよかった。
特に光秀の終盤の黒い衣装とメインビジュの衣装
ほんと好き、カッコ良すぎる。)

OP音楽も良かった...爽やかだけど人の温かみを感じるわ...。
映像はなんだろう、あれ加工なのかな?
モーションとか、人物がCG感ある...
すごく、じっくり見たい...NHKアーカイブに課金していますが、
NHKさん、お願いです...。YoutubeにぜひOP映像のアップを...

今回はなんとなく、しなさそうですね...。

ちなみに自分が知っている範囲ではせごどんからOP配信をはじめたような?
その後、いだてんは無かったものの、麒麟で配信をしていました。

ドラマの内容...カイコに笑う日がくるとは...。
なんだろな、この江戸末期からの明治への変遷、
主に倒幕とか大政奉還までの道のりって
なかなか興味持ちづらくはある....。
ちょっと繰り返し見るなりしてよく把握しておきます。

置いてきぼりキメそうでキメてない絶妙な一話。


関係ないですが、今から予言しておきます。
来年の大河、鎌倉のOP音楽は服部さんに一票。

暇なので、日記を書くよ

こんにちは、無職女のもじょことsonogiだよ。


ちょっと前会社を辞めて何かしたいな、と思ってブログをはじめました。
会社はおろか、twitterにも馴染めない、孤独の女だよ。

彼氏?いたことない......。いる方が楽しいのかな?
彼氏がいてもいなくても、
どうやら女は孤独に強くならなければいけないみたいけどね。

既婚であろうが、独身であろうが、こういうことらしい。
なかなか難しい年齢だよね。私もそんな感じ。

でも、孤独自体は結構昔から感じていたけれどね。
小6の頃から、全員マウンティング合戦に見えてとにかく気持ちが悪かった。
そこから人が苦手。
誰といても一歩引いて見てて、誰かに会話を振られると適当に会話を合わせて腹の中を見せないようにしているけど、他の人は見せているように見せかけて見せていないんだろうなってすごく思う。社会的ステータスなんかは全部マイナスに見える。私だって「大卒」とか、自分でも信じられないステータスがあるのにね。

集団ってなんだろう。会社という集団に属した時に、とにかく私は頑張らなきゃいけないと思っていた。挨拶はしっかりして、自分のミスがあれば謝って....社会常識、ルールはしっかり守る。ちゃんとやってきたのに、なんでだろう。集団とのズレ。

例えば、私とは別に二人、会話している人間がそばにいたら私はその二人を心底恐ろしく感じる。
自分が会話に入った場合、三人と言うのはリスクの高い人数だ。上手く話す聞く量を調節しなきゃいけない、と重圧感がのしかかる。逆に大勢いれば勝手に喋ってくれて気楽だけど。

いつだかに、空気になりきれていないよねって言われた。その続きには、私のことをこう言う人間だよね〜〜と言って、レッテルを無造作に貼られるだけの会話だった。もうそれでいいと思った。相手が貼ってきたレッテルを私は剥がせない。
とにかく、空気になりきれていない。その通りだと思う。なるべく不自然には見えないように会話から逃げ続けてきた。気にしてもらいたくなかったけど、相手はそれが気になったらしい。なので、本当に誰からも見えない空気になりたい。空気は酸素を供給する、人間にとってなくてはならないものをもたらすからこそ、無害で悪く言われないんだ。私は有害。愚鈍で賢くないせいなので致し方ない。努力してもだめだったんだなぁ、と悲しくなってきた。

すっご、ブログ書き初めでこんなマイナス思考になる?
今求職中。がんばります。久しぶりにIIDXプレイしたんですけど、
私が下手になったのか、段位認定難しくなったのか...
なんてったってtricoro以来だったので、筐体がすごくなっててびっくり。